優良な不動産会社を選ぶコツ|初めて引越しをするなら

仲介手数料が不要な理由

玩具の家とお金

価格への影響を考える

不動産を売却するときには不動産業者の仲介を利用することが多いため、仲介手数料を払わなければなりません。法律により3%に6万円を加えた金額まで請求できるようになっているので、この金額を諸費用として考慮しておかなければならないでしょう。しかし、不動産買取の場合には売却しているにもかかわらず仲介手数料はかかりません。同じ業者にお願いしてもこの点は異なると把握しておくのは大切でしょう。仲介業務を行ってもらっているわけではないのが不動産買取の場合に仲介手数料がかからない理由です。買主を探して仲介を行ってもらったことに対する成功報酬が仲介手数料であり、業者に直接買取をしてもらう不動産買取では仲介業務は発生していません。このため、印紙税などの諸費用はかかりますが、仲介手数料分だけ諸費用を減らして不動産を売却することができるのが不動産買取の特徴です。しかし、買取価格への影響を考えることも重要になります。不動産業者としては仲介をすれば請求できたはずの仲介手数料が手に入りません。また、その不動産を転売するときには買主にも仲介手数料を請求できないため、二度に渡って利益を減らしてしまうことになるのです。そのため、買取価格からこの二度の仲介手数料分を引き去って決定していることが多いでしょう。およそ売買価格と想定される相場の6%+12万円程度は引かれ、さらに業者の転売益となる分が差し引かれているのが一般的です。

Back to Top